​バンブーロッドについて

・つなぐ前にはフェルールにごみ等が付着していないかを確認してください。

・ロッドを繋ぐ時は、破損・接着剥がれの原因になりますので、決して捻って

 挿入しないようにし、根元までしっかり挿入してください。

・フェルールには、固着防止のため、フェルールワックスを薄く塗るように

 して下さい、ない場合は 市販のロウソクでも代用がききます。

​ 私は持っていないので、これで代用しております。

・フェルールを抜くときはブランクをしっかり持ち一気に抜くようにして、

 そのとき手が滑らないように水分をきっちり取ってください。

 くれぐれも滑ってガイドの破損による、手の怪我に注意してください。

・フライが枝などに引っかかったときは、ティップの破損につながりますので

 無理にロッドを煽らないで、手で取るようにしてください。

・魚とのやり取りは、無理にロッドを立てないようにし、90度以上曲げな

 いようにして、バットでやり取りするようにしてください。

・取り込み方は、ロッドを持っている手を背中の方に伸ばし、

 ランディングネットの手を伸ばして、すばやく取り込むようにしてください。

 その場合、ロッドを持っている手を返して、リールを上向きにするとロッドに

​ 癖が付きにくいようになります。

・バンブーロッドは曲がり癖が付き易いので、釣りから帰ったら、乾いた柔らか

 い布で水分をよくふき取り、風通しのよい日陰に、吊るす様に保管してください。

 私の場合、長期の保管もこのようにしています。

・竹は60度くらいから曲がり癖が付き易くなりますので、長時間、車内に放置

 しないようにしてください。夏は特に注意してください。

・バンブーロッドは竹という天然の素材で作られています、適切に手入れをする

 ことにより、使う人と同じように年を重ねていきまので、末永く大切にお使い

​ ください。

​作者の独り言

 私の作るロッドは、道具としての機能を考えて製作しておりますので、

飾り巻き等は行っておりません(ガイドラッピングのトリミングのみオプション設定)。

 フライロッドの場合、キャストのし易さと釣り味の面白さの両立は難しく、

釣り味の面白さに重点を置いております。かといってキャストがしがたい訳

ではありません。ゆっくり軽く振ってキャストレンジは7~12ヤード程度で

ラインが乗るように設計しています。

 ただし、魚とのやり取りの中で、上流に走られたときと、下流に走られたときでは、ロッドに掛かる負担はまったく違います。無理な負担をロッドに掛けないようにしてください、だめだと思ったときはティペットを切ってください。

 魚の走る習性をうまく利用すれば、細いティペットでも取り込めます。

​イワナなどは深みに潜ろうと流れに向かって走ります。

使用ロッド:7'6" #3 トンキンセミホロー プロトタイプ

使用ティペット:x7

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now